2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 所変われば、また面白し。 | トップページ | 「障害者」以前の問題 »

2008.02.12

よ、予算が・・・

先週作成した、外出実習のレジュメ。
いよいよ来週実施に当たり、今日はお昼休みを使って利用者さんを集めて話し合いをしました。

まぁ話し合いと言っても、中身は決まっているのでどんな感じにするのかを説明するだけ。
本筋なら希望を取って・・・と言いたいところだけど、利用者さんにそれだけの引き出しはなく、またこちらから提供する引き出しも少ない。なので、やっぱり「最近できたところに行ってしまえ!」となってしまい、半分期待通り、半分職員の気持ちも混じっての企画。で、早速レジュメを印刷。

とそのとき、自分のあんちょこを見てみると、料金がかかるはずの部分が書いていない。
どう考えても「抜けている」としか思えず、もう一度その部分の料金を入れて再計算すると・・・ひぇ~という額に。

たしか前回の外出実習では課長の「天の声」によって予算の見直しを迫られたが、今回はそのときの金額をはるかに上回る金額。もちろん予算面で色々と検討したけど、どんなに頑張ってもこの金額しかない状態。おまけに今回の計算ミスも見つかって、さらに上昇。

うーん、まぁ大宮まで行くのですから、多少交通費がかかってしまうのは仕方のないことかもしれません。
もちろん割引料金(第1種)の人は半額で行けますし、職員も「介助者」として半額で乗れるけど、第2種の人は通常料金となってしまうため、割高に。さらに入館料や昼食代など必要経費は減らすことができない。もし減らすことができるとすれば、お小遣い。でもね・・・お小遣い1000円で、何が買えるかなぁ・・・もちろん「1000円程度」というのは、ムチャクチャ恐縮しての金額。本当なら2000円と書きたかったけど、これを書いてしまうと・・・軽くトータル5000円をオーバーしてしまうため、書けなかったというのが本音。それに、お小遣いを1000円と書いても、5000円ギリギリのライン。

ホント、予算5000円は大きいですね。
でもどう頑張ってもこのラインになってしまう。費用削減のために他経路や当日判断で削減も考えなくちゃいけないけど・・・うーん、この辺はやっぱり相談ですね。あとは・・・裏技を使うか?(裏技って何だ???)

« 所変われば、また面白し。 | トップページ | 「障害者」以前の問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/40103869

この記事へのトラックバック一覧です: よ、予算が・・・:

« 所変われば、また面白し。 | トップページ | 「障害者」以前の問題 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ