2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 「対岸の火事」とは思わずに | トップページ | 「生きる義務」 »

2008.01.17

激寒

東京は初雪でしたね。そんでもって、自分が家を出るときも、雪がちらほら。
積もるまでは到底達していませんが、久しぶりに雪が降る中での出勤となりました。作業所についたときには既にやんでおり、いかにうちのほうが田舎(?)かを感じてしまいました。都会に比べ、やっぱり寒いですしねぇ・・・

まぁ作業所に行ったからといって寒さが和らぐものではなく、今日は1日寒かったです。
この皮下脂肪&内臓脂肪を蓄えているオイラでさえ寒いと感じたのですから、周囲はもっと寒く感じていたでしょう。最近の寒さから自主部門の販売は規模を縮小して、ワンコインの無人販売形式に。それでも、ちょっと用があって外に出るだけで北風が吹きつけられて、たかだか1分足らずでも「寒っ」と凍えながら戻ってくる始末です。

おまけに、今日は送迎バスの添乗日。
よりによって、こんな寒い日に添乗とは、最悪です。バスに乗っている間はいいですが、利用者さんの乗り降りの際に外に出るときは、ホント身を切るような寒さ。迎えに出ている保護者の方には「ホント寒いですねぇ・・・」と、寒さしのぎのための雑談をするけど、ちっとも寒さは変わらない。まぁ、当然のことだけど・・・

兎にも角にも、今日は「寒い」でひと括りできる1日。
朝の電車もドアが開くだけで寒いし、帰りなんかは、長座席の真ん中らへんに座っているのに、ドアが開くたびに風にさらされる始末。いつもは差ほどではない停車時間も今日は長く感じ、「早くドアを閉めてくれよ・・・」との心の叫び。

今日なんかみたいな日は、下手に雪が積もらないよりも、寒いかもしれませんね。
夜中に雪が降って地表が冷やされ、朝はその放射冷却&雪&風で寒さ倍増の状態。逆に雪が降っているほうが、寒く感じないかもしれませんね。やっぱり「風」が一番キツいもので、ウィンドブレーカー程度では全然こうかありませんね。ダウンを着て、ようやく温か・・・といった状態です。

今日に限らず、寒さの続く毎日。明日はお休みを取っているので早く起きなくてもいいのですが・・・寒い1日には変わりないのでしょうねぇ・・・まぁせっかく休みなので、明日は気が向いたら久しぶりに心のオアシスに行ってこようかな、と思います。

« 「対岸の火事」とは思わずに | トップページ | 「生きる義務」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/17730712

この記事へのトラックバック一覧です: 激寒:

« 「対岸の火事」とは思わずに | トップページ | 「生きる義務」 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ