2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 社会福祉士試験&福祉従事者に | トップページ | 激寒 »

2008.01.16

「対岸の火事」とは思わずに

ここ最近、また「画像逃げ」をしていますね。今週は、もう1・2回ぐらい「画像逃げ」をするかも・・・(^_^;)

うーん、いつもの通り、ネタがないわけではないんですよね。
ただ、そのネタを膨らますかどうかが難しいところで、1度やったネタはもう一度膨らますのが難しいですよね。そのときよりも発展させる必要があるので。そういうことを考えると、ちょっと発展はしないかなぁ・・・といったところ。
なので、今日は仕事ネタで膨らますのは難しいかなぁ・・・といった感じ。

ただ、このblogの性質上、どうしても「blogそのもの」に対して触れることもありますね。
つい先日も有名人ブログの炎上の話題を取り上げましたが、今日もまた炎上のニュースが流れていますね。

まぁ自分はあえてそういうところに油を注ぐようなことはしませんが、「炎上」は芸能人だけではなくすべてのblogにおいてその可能性があるということですね。もちろん、このblogも例外ではなく、「blogの炎上」は決して対岸の火事ではないのですね。

一応・・・というか当然ではありますが、発言内容には注意しています。
ただ、こういう「言葉」と「文字」だけの世界ですので、少なからず自らが発言した意図とは違う方向に行くことがあるのも事実です。ネット上ではなかなかその文章の中から表情を読み取ることは難しいので、どんなに言葉を選んだとしても、最終的には「受けて側」の印象でどんなにも可変してしまうものです。

それが公のことであれば、なおさらです。
以前にも言いましたが、このblogは社会に影響を与えるようなものではありませんが、ちょっと名前を聞くようになれば、blogだけではなく公式の場での発言にも注意は必要となります。よく「説明責任」とかという言葉を聞きますが、自分にとっては何をすることが「説明責任」なのかわからない部分もあります。ですから、自分の場合は「自分の思っていること・考えていること」をそのまま徒然となく書いてみています。その部分から、またどのように受け取ってもらえるのか、その試行錯誤を繰り返している状態です。

いずれにしても、「安易な発言」はあらぬ誤解を招くものです。
「人の振り見て我が振りなおせ」ではありませんが、気をつけたいものです。

« 社会福祉士試験&福祉従事者に | トップページ | 激寒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/17719893

この記事へのトラックバック一覧です: 「対岸の火事」とは思わずに:

« 社会福祉士試験&福祉従事者に | トップページ | 激寒 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ