2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 検品あるのみ | トップページ | 11111 »

2007.10.12

既にマイスター?

仕事の一山が終わったためか、今日はのんびり・・・と言った感じでした。穴あけも今日はやらなかったし。

そういえば、昨日は「穴あけ」こそやらなかったものの、「穴設定」はやったんですよね。
ちょうど昨日は午後休憩で、午後の作業が始まって15分ぐらいしたらすぐに休憩になるシフト。そのため検品を行ってもすぐに休憩に行ってしまうため、あんまり意味ない状態。そんなことを考えていたら「じゃ、穴あけの設定やっていく?」との声。
このとき、休憩まで残り10分・・・うーん、できるかどうかわからないけど、仕事なのでやることにしました。

穴あけの設定は指示書を見ながら
1.穴の大きさ(=ドリル)を交換する。
2.穴-穴間の幅を設定する。
3.袋の大きさに合わせてセンターを決める。
4.袋の端-穴幅を左右均等にする。
5.細かいところは、微調整。

と言う感じで進めるもの。1に関しては完全にドリルを変えるだけなので全く問題なく、2の穴間の幅あわせも大きくは苦労しない・・・が、今回はかなり細かいミリ単位での設定のため、いつもよりは若干手間がかかることに。3は袋はそんなに大きくないので、多少は楽。問題は4、これがなかなかなあわない。そのため穴あけ設定の関門は2と4を微調整することの2点。かなりきわどい単位で行うので、普通なら約15分から20分ぐらいかかるもの。

ところが、昨日は何か調子がよかったのか、穴間の設定はほぼ1発でOK。
さらにセンター決めもなんとなくいい感じで設定。「時間だから、代わるよ」と言われると「イヤ、いい感じでできているかも・・・」と伝え、チェックをしてもらうとOKとのこと。普段は結構手間取る穴あけの設定、たった10分でできてしまいました。自分でもオドロキです。

あぁ、今の職場に来て最初に言った「穴あけのマイスターになりたくない!」と言ったものの、着実に技術は「マイスター」に踏み入れつつある状態です。まぁ穴あけの設定はオイラ以外でもできる人はいるものの、今の作業部屋にいる限りは、穴あけの設定は避けては通れない道。だから自然と「微調整」のカンをつかみつつあるのかもしれません。

うーん・・・マイスターにならないと誓ったのになぁ・・・(^_^;)

« 検品あるのみ | トップページ | 11111 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/16742101

この記事へのトラックバック一覧です: 既にマイスター?:

« 検品あるのみ | トップページ | 11111 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ