2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 「一線」を越えないこと | トップページ | 一番痛い・・・らしい »

2007.10.22

着実に、マイスターの道へ

否定をしたいですが、着実にマイスターの道を歩みつつあります。

急ぎのショッピングバックが一段落。再び「量産体制」の袋に戻ります。
何しろ1万近く入っているので、この袋の穴あけの設定は何度目でしょうか?最近は設定ばっかりやっている気がします。

そんでもって、今日はやらないはずが、設定することに。
他の職員から「穴幅がわかりにくい。やって」とのことで、「穴幅だけなら・・・」と思い、何度か微調整して完了。「じゃ、後はよろしく・・・」って感じで隣で穴あけするショッピングバックの検品作業。だけどしばらくしてまた「横(サイドの幅)があわない。ギブアップ。」とのこと。ここで再び再登板。「1ミリぐらいは大丈夫って言ってたけどねぇ・・・」と言いながらも、本性はキッチリあわないと気が済まないタイプのオイラ。たしかに1ミリの誤差だから許容範囲内といえば許容範囲なのだが、リリーフ登板した以上はやっぱりキチンとあわせたい。で、今回も一発で行けたかな・・・と思ったけど、いざ穴を開けてみると微妙に差があり、修正することに。
こうして何度か修正すること、約5分。オイラも諦めかけた・・・その時、ビンゴ!

「おっ、いい感じかも・・・」と言いながら穴を開けてチェックしてもらうと、OKとのこと。
「じゃ、後はオイシイところを・・・」と、その後は穴あけをしてもらったけど、結局普段と変わりないことをフツーにやってしまったオイラ。まぁ半年以上ミッチリ穴あけに携わっている訳だから、それくらいのことができて当たり前なのかもしれないけど・・・

前回も触れたけど、「穴あけマイスターになりたくない」と言いいながらも、着実にマイスターになりつつあるオイラ。
もう一度繰り返しますが・・・「穴あけマスター」になるために仕事をしている訳ではありません。あくまでも、自分がメインにおきたいのは、利用者支援。作業支援も広い「利用者支援」の一環であることに変わりはありませんが、「熟練工」になるつもりはありません。もちろん「支援」の熟練工になることは目指すべき方向ではありますが、「穴あけ」の熟練工にはなるつもりはありません。

と言いながら、やっぱり「穴あけマスター」になりつつあるオイラであります・・・(^_^;)

« 「一線」を越えないこと | トップページ | 一番痛い・・・らしい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/16843856

この記事へのトラックバック一覧です: 着実に、マイスターの道へ:

« 「一線」を越えないこと | トップページ | 一番痛い・・・らしい »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ