2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 明日から、どうしよう? | トップページ | 古き伝統か、悪しき伝統か? »

2007.08.21

なんとなく、不安定

落ち着いているのかな?」と書いた矢先のこと、どうもココロは不安定です。

日曜日には回避行動をしたものの、今日は仕事中であり、回避行動できない状態。
あんまりその話題ばっかりの状態からは脱したい状態。ただ、周囲は自分のことを知らない(と言うか、話していない)ので、自分はただただ耐えるのみです。

「別にそんなことで・・・」と言う程度の内容ですが、自分にとっては反応してしまう内容。
もしそのことが「人事」であれば多分反応はしないと思うのですが、決してそのことが「人事ではない」から、過敏に反応してしまうのでしょう。自分自身でも、この程度のことで反応している自分に嫌気が差します。

もちろんその場は取り乱すこともなく、ただじっとと耐えていました。
きっと自分のことを話しても理解されにくい状態であるため、あえて今の職場では具体的な話はしていません。ただ、総トップの課長が状況をしっているのみです。そのうえで、配属されていますから・・・

ただ、耐え抜いた後の疲労感は結構なものです。
本当に、耐えるのはエネルギーを要します。エネルギーを要した後は、まず「立てるか」が問題です。ここで立てれば問題ないのですが、立つことができないと厳しい状態です。前の職場ではまだ自分が障害を持っていることを知らない状況下だったので、解剖系の話になった時は本当に辛く、話を聞いた後はしばらく立つことができませんでした。体は「発作を起こさないように・・・」と無意識運動をしている状態で、解剖系の話になると、どうしても「悪い状況」をフラッシュバックさせてしまいます。

診断から3年、通院を開始してからは、幸いにも大きな発作には襲われていません。
でも今日みたいな状況は、意外と大きな発作を起こしやすい状況下であり、パニック以上の「大発作」を起こす可能性のある状態です。結局、自分が大発作を起こすのは「自分の中での思考が悪循環に入る」ことで起きており、単なるパニックならしばらく落ち着けば何とかなりますが、パニックを超えたパニックになってしまうと、押さえられなくなってしまいます。そのときが一番危ない状態であり、今日なんかは実は危ない状況だったりします。

うーん・・・大丈夫、と思っていたのに、何となく状態は不安定みたいです。

« 明日から、どうしよう? | トップページ | 古き伝統か、悪しき伝統か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/16194103

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく、不安定:

« 明日から、どうしよう? | トップページ | 古き伝統か、悪しき伝統か? »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ