2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 復帰初日 | トップページ | まだまだ、ペースつかめず・・・ »

2007.04.04

自分なりに・・・

正直なところ、昨日はココログのメンテナンスに救われた形です。
昨日はちょっとブルーな気分だったので、そういうときにかく内容はどうしても「閉塞感」のある内容になってしまうので・・・
かといって、今日の内容も若干「閉塞」気味かも・・・

勤務3日目、今日から色々と教わりながらの仕事が本格的に始まりました。
職員の人数が少ないときの対応の仕方や、作業工程のチェックの仕方など、色々と覚えながらの毎日です。もちろん利用者の「顔」と「名前」を一致させることも、結構大切・・・って言うか、そこがわからないと何にも話が進まないので、まずは配属された場所で顔と名前の一致に必至になっている状態です。

その一方で、とりあえず今年は「貝」になるつもりに・・・
やっぱり初めて来た場所なので、いきなりあーだこーだ言っても、その発言に説得力がないのは事実。でも、3日目でも色々感じることがあります。

職員の人には、自分が何故この作業所に来たのかは、その真相は伏せたまま。
とりあえず「異動でここに来た」と言う表向きの理由をつけての状態。もちろん真相はこのblogで書いたとおりのこと。デイ復帰を希望していたものの、発作を不安視されて福作に落ち着いたと言うこと。当然、自分の障害のことは全くのクローズの状態。できることなら、こう言うことは表向きに言うことは避けたい気持ち。ただ、直接の長となる人には、当然知っていてもらいたいこと。今までの経緯を知った上で自分を雇っていることだけは理解していて欲しい状態。(ただ、その直接の長も、不幸があり忌引の状態。だから正式な契約などはまだ全然済んでいない状態。さらに一番心配しているのは、健康保険。当然変わっているので、保険証は早急に欲しい。でないと、来週の通院に間に合わないかも。まぁ「自立支援医療」を受けているから、そんなに急がなくてもいいのかもしれないけど・・・)

まぁそういった状態で「表向き」はやっていますが、3日目で感じるのは、やはり「甘い」と言うこと。
「甘い」と言うのはデイにいたときも感じていたことであり、法人(もちろん具体的な法人名は言えませんが・・・)と言う名の下に「胡坐」を書いている状態かな・・・と感じている。特に、まだ勤務して3日しかたっていないけど、この作業所が「どこに向かっているのか」がまだビジョンとして見えていない状態。一応先日の面接では「就労支援・就労継続B型、地域センター」を軸に考えているとのことだが、それのための「記録」と言うのは全くの不備の状態。自分は法内の授産から始まったから、そういった記録類・フェースシート・アセスメントなどは「当然のもの」と考えているため、それが整っていない時点で「ウッソン」と思ってしまっている現状。

さらに「甘い」と感じるのは、利用者と職員の関係。
今日も帰るときに利用者の一人から「Mitake先生」との声。思わず「ちょっと待って。ここには先生はいない。いるのは、Mitakeだよ」と、基本の基本を修正。あくまでも自分が行っていることは「支援・援助」であり、何かを特別に教えているわけじゃないし、ここは学校ではない。あくまでもここは「作業所」であって、基本的は「対等な立場」であることは言うまでもない。そこの修正ができていない時点で、旧態依然の体制であることは言うまでもない状態。自分が直接言うことがなくても、そこらへんで「~先生」と言う声も聞こえるし、自分にとっては「違和感」以外の何者でもない。もちろん「自分の支援観」について、歳の近い人と色々話したけど、やっぱり思っていることは大体似ている状態。正職の人の話も聞いたけど、その考え方にはある程度参考になるな、少しは同意できるなと感じる部分があるので、恐らく「今の現状」に満足していることはないと考えている。

もちろん利用者との関係はまだまだこれから構築していかなければならないけど、自分がどんな場所で腹多幸としても、自分の「基本スタンス」は変えるつもりはありません。歳の近い人からは「社会福祉士とって、すごいですねぇ・・・」と言われたけど、「社会福祉士」をとったのは、あくまで福祉の現場で働くために取った「武器」に過ぎず、自分が持っている「社会福祉士」を生かすも殺すも自分次第。正直、今の状態ではまだ「社会福祉士としてのアイデンティティ」はまだ発揮できていない状態だけど、いずれは「社会福祉士」を専門職として活かせる職に就きたいと考えているのは事実。もちろん、このまま一生福作で働くことは毛頭考えていないことだし、いつかは動くつもり。もちろんそれが1年後か2年後か、はたまたもっと先になるのかはまだわからないけど、今の時点での目標は「正職員」になること。もちろんそれは「ゴール」ではなく「スタート」であることは変わらないけど、やはり自分としては「社会福祉士」を発揮できる仕事に就きたいと考えているのは事実。

そのためには、もしかしたらこの先衝突することも出てくるかもしれませんが、あくまで「自分なりに考えたこと」はその信念を貫いて行きたいと考えています。

« 復帰初日 | トップページ | まだまだ、ペースつかめず・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/14556732

この記事へのトラックバック一覧です: 自分なりに・・・:

« 復帰初日 | トップページ | まだまだ、ペースつかめず・・・ »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ