2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« いい人?おせっかいな人? | トップページ | コトバ★「児童福祉司その3」 »

2006.11.24

お薬の出番ですぅ~!

本日、定期通院日。
珍しく今回は特記するようなこともなく、パニックもほとんどなかった回。そのため今日の診察は早めに終了。
とはいえ・・・昨日が祝日で休みだったためか、ちょっと混雑しており、予約の時間より20分ぐらい遅れての診察。
会計も含めたら、約40分ぐらい。で、病院の下で薬を貰って約1時間・・・祝日の次の日だから、こんなものかな?

ところで「パニック」は多少はあったものの、特別書くようなほどではなかった程度のもの。
ただパニックの代わりに「過敏性腸」が反応しているみたいです。原因は当然・・・就職関係。

ホント、メンタル弱いです。(だから通院している・・・って、これも矛盾)
一昨日に求人先から面接の日程について伝えられた頃から、おなかの方は反応開始。早速、ピーゴロロ。
そして昨日も頻便でお尻のアナが痛い・・・いや、出血している状態。お風呂に入ると・・・これまたシミる。
で、今日も病院に到着して一発・・・キュルルー、ピーゴロロ。完全に水分も一緒に出ています。

さらに拍車をかけるように、ハローワークから連絡があり、別の求人に関しても面接の日程が決定。
そして夕方・・・やっぱりピーゴロロ。母親の通院介助から帰ってきた後も・・・ピーゴロロ。

2日連続のピーゴロロ・・・もう理由や原因はわかっているからどうしよもないんですけどね。
しかしあまりの状態を見かねた母が薬を出してくれた。

そう、ウサギのフン・・・

もとい・・・元祖正露丸。
糖衣になっていない、正露丸丸出しの正露丸。よく小さい頃はこの臭さと苦さにお世話になりました。
ここしばらくはお腹を悪くすると糖衣に頼っていたのですが、今回は久しぶりに「元祖」が登場。そう、ウサギのフンみたいな丸っこい形の。元祖にお世話になるのは、もう数十年ぶりのような気がします。

でも・・・たぶん気分的なものだと思いますが、こっちの方が効く感覚がするんですよねぇ、不思議に。
きっと「臭い」と「苦さ」が、その効果を増幅させているんで床ねぇ・・・たぶん。

まぁいずれにしても「ピーゴロロ」の期間は当分続くでしょうね、ハァ。

« いい人?おせっかいな人? | トップページ | コトバ★「児童福祉司その3」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/12810678

この記事へのトラックバック一覧です: お薬の出番ですぅ~!:

« いい人?おせっかいな人? | トップページ | コトバ★「児童福祉司その3」 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ