2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« コトバ★「雇用保険その3」 | トップページ | やっぱり、ボロが出てきた・・・ »

2006.07.02

遅ればせながら・・・

こんなもの、買って見ました。

D1000102ハイ~ィ、ドリフ、ずっと前から欲しかったんですよねぇ。でも「予約してまで・・・」とは思わないものの、なかなか店頭に置いてあることもなく、値段も1万円だから結構ためらっていた部分があったけど、金曜日に「衝動買い」をしてしまいました(^_^;)

全部で3巻あるうちの1巻は既に見終わり。
今は2巻の途中まで見ているけど、この段階でも結構満足できる内容。特に荒井注がコントに出ているのを見るのは初めてだったから、かなり新鮮に映った。

イヤ、もちろん自分はドリフ世代じゃないけど、うっすらと「ドリフ」の時代にはかかっている。生れたのが1978年だから、その当時もバリバリにやっていたはず。伝説の「停電事件」も自分の記憶の中にあるし・・・(笑)

ただDVDを見ていて思うことは、昔のネタやコントを見て、当時のアイドルを知らなくても無条件に「笑える」と言うのは、やっぱり「ドリフの力」なのかもしれないし、今でもそれを見て「面白い」「昔からキャノン砲なんてあったんだ」と思ってみると、いかにこの番組に力を注いでいたのかを実感することができる。今もネタ番組がたくさんやっているけど、やっぱり「お笑いの原点」と言う感じを受けるのは、自分だけかなぁ・・・と思う。

だって、これだけのセットを組んで早変わりをして、リアルタイムに納めて放送するのは、かなり綿密に計算して行わなければできないことだと思うし、キャスティングを見ても当時のスターに匹敵するくらいの今のアイドルをブッキングして毎週やることができるか、と言ったら、不可能だろう。

でもねぇ・・・素直な話。
今こんな番組が毎日やってみたら、間違えなく見ちゃうだろうね。見にも行くだろうね。
だって、数十年前のコントを今の人間が見て無条件に「笑える」のだから、絶対に面白いはず。

そういえば、これの第2弾が出るみたいだけど・・・何時なのかなぁ?また売り出したら、絶対に買いましょ♪

« コトバ★「雇用保険その3」 | トップページ | やっぱり、ボロが出てきた・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/10765353

この記事へのトラックバック一覧です: 遅ればせながら・・・:

« コトバ★「雇用保険その3」 | トップページ | やっぱり、ボロが出てきた・・・ »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ