2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 「パニック」vs「睡眠」 | トップページ | コトバ★「福祉施設その4」 »

2006.06.23

絶対にいけません!

昨日書いた「パニック」vs「睡眠」、やっぱり寝れませんでした。
薬を飲んだのは22時30分。大体30分から1時間程度すれば効いてくるけど、昨日は全然ダメでした。いくら仮睡があったと言えども、昨日は尋常じゃないくらいの苦痛。なんと・・・2時30分になっても寝れませんでした。
「眠れない」と言うのはこんなにも辛いものなのか・・・と実感しました。その割に、起床は9時30分だったけど・・・

でも「寝付けなかった」と言うことになると、午後の仮睡の条件はピッタリ。
ただここで寝てしまっては、また影響があるかも・・・と思い、今日はあえて外出しました。
まずは「ないだろうなぁ・・・」とわかっていながら、ハローワークへ。ハローワークで40分ぐらいねばった後、車で約1時間かけてさくらやへ。今日が新装開店リニューアルオープンの日で、インクカートリッジだけを買うつもりが、思わずDSのソフトも買ってしまいました。挙句の果てにデジカメまで・・・と思ったものの、ここは「まだ失業中の身」と思いとどまり。衝動買いは取りあえず抑えられました。
その代わり、coccoと宇多田のCDと「究極の寝れるCD」とやらを買ってしまいました。「寝れる」と聞いて、思わず買ってしまいました・・・(^^ゞ

その後に文房具屋さんで履歴書を購入。スットクもないので・・・と、ここで事件発生。
兄から電話がかかってきて「親父が事故った」とのこと。今から行っても言われてもすぐにはいけないし、取りあえず買物を切り上げて現場へ急行。行って見ないとわからないから。

で、事故現場に行ってみると、見るも無残な前方破損。
幸い単独事故で他者を巻き添えにしなかったのは不幸中の幸い。しかし事故を起こした当人は何にもできない状態。仕方なく、自分がJAFと修理工場(日産)を手配。その間、自分なりの実況見分。
結構フロント部分はイッチャっており、ガードレールと街路樹をなぎ倒していることから、相当の勢いがあったことがうかがえる。ただしエアバックは作動している様子はないから、大体4・50キロ程度で突っ込んだかな・・・と想像。さらにブレーキ痕も見つからないから、恐らく直前まで気がつかず、気づいてハンドルを回した時には時既に遅し・・・と言う状態だろう。恐らく原因は1つ・・・ただその場には警察官や市役所の人もいたのであまり叱責はせず、ショールームで叱責することに。

そしてJAFの人が到着。しかし、今回は一筋縄ではいかなかった。
なぜなら「ガードレール」を吹き飛ばした時に、ガードレールを止める「柱」を一緒に轢いてしまったため、車の下に柱が噛んでしまっている状態だった。その状況を説明するとJAFの人が一言。
「これ、有料ですね・・・」

ウッソン・・・有料ですか・・・初めての「有料作業」です。
JAFには今まで2回ほどお世話になっており、その時はすべて大学の学祭関係でのこと。1件はトラック脱輪で救援要請、もう1回はバッテリ上がりで深夜の救援要請。その時はすべてサインのみで、無料だった。しかし今回は処置項目を確認すると「レッカー二輪つり上げ牽引」の作業。結果、4000円の出費です・・・
D1000100

その後、ショールームで、父親を叱責。やっぱり原因は「居眠り」
居眠り事故は今回が初めてではなく、以前も旅行中に居眠り事故を起こしたものの、一応は自走して帰ってきた。しかし事実上その車は「廃車」となった。そして今回もこの車は「廃車」が決定的。ざっと見の概算で50万円以上なのだから、当然廃車でしょ。ってか、今回は「全損」です。減価償却を考えれば車の価値も下がっていますから、査定そのものが50万を下回ればその時点で全損、廃車決定です。さらに壊したガードレールと樹木の損害賠償もありますから・・・もう、俺は知りません。人の忠告を無視して行動している奴に、何も言うことはありません。

本人曰く「もうハンドルは握らない」とのこと。ってか、当たり前です。
車を運転する時は常に「緊張感」を持っていなければなりません。でなければ、居眠り運転なんて絶対にできません。居眠り運転をすると言うことは、それだけ運転することに緊張感や危機感を持っていないことなのですから。

絶対に居眠り運転はいけません!そして、交通法規を守ること。これ、事故を起こさないために絶対の条件です!

« 「パニック」vs「睡眠」 | トップページ | コトバ★「福祉施設その4」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/10651375

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対にいけません!:

« 「パニック」vs「睡眠」 | トップページ | コトバ★「福祉施設その4」 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ