2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 赤字続き・・・ | トップページ | リスクマネージメント »

2006.05.15

THE END

Yahooニュース「サップドタキャン マット界追放へ」(デイリースポーツ)

 サップ、マット界追放へ!!13日(日本時間14日)のK-1オランダ大会で、アーネスト・ホースト(40)の国内引退試合の相手を務めるはずだったボブ・サップ(31)が興行中に試合をボイコットするという前代未聞の不祥事が発生。一夜明けた14日、K-1の谷川貞治イベントプロデューサー(44)はアムステルダム市内で緊急会見し、サップへの法的措置を含めた厳罰か、最悪の場合は「K-1追放」を示唆。他団体への移籍を認めない長期独占契約のため、そのまま引退を余儀なくされる可能性が出てきた。
 前売り券が完売し、2万人を集めたホーストの国内引退試合。地元の英雄の“介錯人”を託されたメーンイベンターのサップが、こともあろうに興行中に試合をボイコットしてしまった。
 サップは開会式に出席し、バンテージも巻いて臨戦態勢だった。ところが、自身の4試合前のシュルト-ヴァン・ダム戦中、なぜかリングサイドに出現。K-1を主催するFEGと地元プロモーターを相手に「“これを認めなければ出ない”という無理難題」(谷川氏)を吹っかけ、拒否されるや、試合30分前に「やらない」と通告して会場を立ち去り、そのまま行方をくらませた。
 目玉カードの消滅という緊急事態に、主催者側はPPV解説で来場していたアーツに出場を要請。「1時間前に『試合をしてくれ』と言われた。シュルト戦(3月5日)以降は練習してなかったから危険だし、妻も止めたが、ホーストの引退試合だから、やらなきゃ男じゃない」。決断したアーツはシュルトからトランクスを借りてリングへ向かい、すんでのところで大会を成立させた。
 一夜明けて、谷川氏は「ファンに対する裏切り行為」とサップを厳しく非難。「契約上にかかわる」として、サップが吹っかけた“無理難題”の具体的な内容には明言を避けたが「これまで聞いたこともないレベルの内容。受け入れる必要もないもの」と証言し、「弁護士や関係者と話し合って厳しく対応していこうと思う」と、法的措置や「K-1追放」も含めた厳罰を示唆した。
 サップがK-1離脱となれば、高額ファイトマネーを払える別勢力として、PRIDEとハッスルを主催するDSEか、米国のWWEが浮上するが、谷川氏は「サップとはK-1が長期独占契約をしている」と明言。他団体移籍に大きな障害があることを明かした。野獣に「K-1追放」という処分がなされた時点で、サップの姿はマット界から永久に消える。

格闘家としては、失格です。ハイ、「THE END」です。
いかなる理由があろうとも、プロである以上はその試合を全うするのが、プロとしての責務。それを放棄したのだから、この時点でサップはプロではない。今までのパフォーマンスも「プロとしての力」があったからこそ認められていたのであり、他方から引っ張りだこであったのだが、今回の一件で恐らくどこもサップをバラエティでは使わないだろう。何しろ「直前ドタキャン」と言う、絶対にやってはいけないことをやったのだから・・・

もちろんサップ側の事情も当然あったかもしれないから、その意見も聞かなければ一概に言うことはできないが、試合ができない以上は「何故できないのか」をファンに説明する「義務」はプロとして最低限あるべきであろう。その最低限のこともしなかったのだから、サップはプロではないです。

一方、試合時間前になって急遽「試合をしてくれ」と頼まれて試合をしたアーツは、やっぱりプロ。
ハッキリ行って「命がけ」のリングに、いくらプロとはいえ何の準備もなく上がることはかなり危険なこと。しかしそれでもやったのは、やはりアーツ自身が「プロ」であることと、K-1の創世記からホースと共にK-1を支えてきたからこそ、無謀を承知でこの依頼を受けたのだと思う。アーツには「K-1の誇り」があるからこそ、無理な要求に対して「K-1を守らなくてはならない」と言う「プロ意識」があったからこそ、最悪の状態だけは回避することができたのだろう。もちろん試合をしたホーストも決して心中穏やかではなかったと思うし、準備のない相手に対してやっていくのは、いささかの躊躇はあったかもしれない。しかしそのことを微塵も感じさせずに、今もっている最大限の力を出してお互い戦い抜いたということは、やはりK-1の第一線を退くホーストも「プロ」であったといえるのだろう。

今回の件で、サップ株は大暴落。記事にもあるように、リング復帰はほぼ絶望的でしょう。

« 赤字続き・・・ | トップページ | リスクマネージメント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/10087438

この記事へのトラックバック一覧です: THE END:

« 赤字続き・・・ | トップページ | リスクマネージメント »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ