2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« まだ、入っていないかぁ | トップページ | コトバ★「雇用保険」 »

2006.04.21

体調管理を、しっかりと。

テレビ見ていて、ビックリましたねぇ。

スポニチSponichi Annex「脈に異常で球審が突然倒れ、入院」

 セ・リーグの渡真利克則審判員(43)が21日、球審を務めた巨人―阪神1回戦(東京ドーム)の四回に脈に異常を感じ、突然倒れた。意識はあったが、東京都内の病院に救急車で運ばれ、そのまま入院した。セによると原因は、この日の心電図などを含めた検査結果で後日、判明するという。
 同審判員は井川が先頭の小坂に5球目を投げる直前に捕手の矢野に覆いかぶさるように倒れた。自力で起き上がったが、矢野に抱えられ、立つのがやっとの様子だった。
 試合は首位を快走する巨人と昨季優勝した阪神の今季初対決。三塁塁審の井野審判員が急きょ球審に回り、控えの有里隅審判員が三塁に入って、9分の中断後に再開された。

Yahooニュース「<プロ野球>巨人・阪神戦で球審が倒れ、一時試合中断」

 21日行われた巨人・阪神戦(東京ドーム)で、渡真利克則球審(43)が四回裏、巨人・小坂の打席で突然、前に崩れるように倒れた。試合は9分間中断。同球審はそのまま退き、三塁の井野修塁審が球審に回り、控えの有隅昭二審判が三塁に入った。渡真利球審は都内の病院へ搬送され、そのまま検査入院。直前に不整脈の自覚症状があったという。意識ははっきりしているという。(毎日新聞)

いや、あの倒れ方を見た時は間違えなく「あ、これヤバイな・・・」と感じました。
倒れ方がやや不自然だったし、完全に「抜けていく」ような状態での倒れ方だったし、ニュースなどの情報を得るまでは間違えなく「脳卒中かな?」と思いました。ただここに来て「不整脈」という情報も出てきており、どうやら「持病」が試合中に発症してしまったみたいですね。

ちなみにこれらの記事と共に渡真利審判の情報が「Wikipedia」に出ており、今回が初めてではないみたいですね。

・2003年9月2日 広島vs阪神戦、試合途中に倒れ、途中交替。(球審として)
・2005年5月に病気を理由に長期欠場
・2006年4月21日 巨人vs阪神戦、試合途中に倒れ、途中交替。(球審として)

ふと見てみると、「阪神戦」で倒れている、ってことは・・・阪神戦が心労になっている???
まぁこれは冗談として、審判も「プロ」ですから、体調管理はしっかりされてくださいね。そして1日も早い回復をお祈りしています。しっかりと治してから、グラウンドに立ってくださいね。

« まだ、入っていないかぁ | トップページ | コトバ★「雇用保険」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/9700750

この記事へのトラックバック一覧です: 体調管理を、しっかりと。:

« まだ、入っていないかぁ | トップページ | コトバ★「雇用保険」 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ