2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« どうやって、立証するの? | トップページ | 工事→衝突→交換 »

2006.02.16

甘えても、いいんだよ。

本日、定期通院日。いつもなら「30分早退」を使うのだが、4月以降はないため、2月・3月でできる限り有給を消化することに。そのため、今日は端数の時間を使って「午後休」の形を取り、通院することに。ただ午後休を使って行ったものの、電車の乗り継ぎが悪く、思ったように行くことができず、お昼もレストランでかき込むように食べて、予約時間に若干遅れて到着。おまけに、次の通院(2週間後)は、今日よりもさらに早くなってしまったため、余分に午後休を早めに取ることになる羽目に・・・(でもホントは「年休」のつもりでいたんだけど、先に別の職員が休暇予定を入れられてしまったため、仕事を回すためにも不本意ながら「午後休」の形で休むことに。結局、またここで「端数」がでちゃったけどね・・・)

今日は仕事と病院、両方とも書けることはあるけど、まずは病院のほうから。
病院に行く時は毎回「経過記録」を持って診察に臨んでいるけど、前回の安定剤upの効果なのか、今回はパニックらしい症状はほとんど現れなかった。強いて言えば、今週初めに電車の中で極度の緊張感に襲われることがあった程度で、あまり気になるようなことはなかった。ただ、経過記録を見ながら先生の様子を見ていると、いつになく今日はチェックが多く入る。初診のときもそうだったけど、先生の場合はポイントとなるところに関してはいつもチェックを入れている。で、自分もパニックの症状や気になる部分があったときはチェックを入れて経過記録を出すことにしている。今までは自分自身でチェックを入れることが比較的多かったけど、今回はほとんどチェックが入らないままの状態だった。だから自分としては「あ、今回は比較的安定してたな」と思っていた。ところが逆にほとんどチェックを入れなかったためか、先生の方でところどころにチェックを入れていっていた。そして内容を読みながら「うーん、そうだね。まさにその通りなんだよね」と話すことも。最近は4月以降のことに関して深い部分に踏み込んでの話もするようになり、今までは「まだ時間があるや」と思っていたのも、自分自身が勝手に決めているリミットが近づいてきていることに対しての「焦り」が会話につながっていっている状態であった。
ただ、前回の安定剤upが功を奏しているのか、安定している状況には変わりないので、服薬はこのまま継続することに。

さて仕事の方ですが、残すところ、あと1ヵ月半。あっという間の1年でしたが、本当に「激動」の1年でした。
そんな中、濃密に関わってくる利用者とそうでない利用者の差は現れるもので、特に自分と同じ今年度入所してきた利用者の「成長」と言うものは、目に見えるものです。入所した時はなかなか集中できず自傷や他害に走ったり、パニック状態になったりしていた利用者が、今ではパニックになることもなく落ち着いて作業に取り組む姿勢が見られるようになったのも、「施設への慣れ」と当時に「成長」の証でもあると思う。そして「施設への慣れ」と言う点では、なかなか本音を言い出しにくい利用者が徐々に自分の気持ちを表に出してきてくれるようになったことも、この1年で見られる変化の1つ。

いつも頑張りやで、多少のことがあっても最後までやり遂げようとする利用者。
そのためか、周りに気を使って疲れていても「大丈夫」と気丈に振舞っている利用者。でも最近になってようやく疲れているときに「疲れた」と本音を漏らしてもらえるようになった。また心の中で思っていることを、周囲に人がいない環境で2人きりの時にボソッ、と話してもらえるようになったのは、支援者としては「本当の気持ち」を確認することができて嬉しいこと。だから今日は、自分は1つ話してあげた。

いつも頑張らなくてもいいよ。2人だけの時は、甘えてもいいから。

きっと本人なりに色々と考えているのだろうし、思っていることもあるのだと思う。でもそれをなかなか口に出せない状態もある。そういうことは彼らだけではなく、自分たちだって同じこと。喉元まで言いたいことが出かかっていても、それを押さえ込んでしまうことは当然にあること。でもそれをずーと押し殺したままにしておくのは、とても辛いこと。その辛さはまさに今、自分自身で感じていること。だからその利用者には「無理しないで、2人だけの時は甘えてもいいからね」と、優しくことば掛けをしてあげた。自分はもうすぐいなくなってしまう。でも他の職員はまだいるから、その職員に甘えてもいいんだよ・・・と。

「飴」と「鞭」じゃないけど、普通の人でもずっと頑張り続けることには限界がある。
だから自分の判断で途中で荷物を降ろす人もいるし、自分みたいに降ろさずに走り続けてしまった結果崩壊してしまう人だっている。でも障害をもった彼らにとっては「停留所」がわからない状態。だから今日は「ここに停留所があるんだよ」と言うことを教えることにした。まだまだ彼にとって「乗り越えなければならない壁」はたくさんあり、決して容易なものじゃないけど、でも休まずに登ってばかりいては、滑落してしまうことだってある。だからそれを防ぐために「休憩所」を用意してあげないとダメなんだと思う。「甘えてもいい」と言うのは、「心の停留所」を示しただけのこと。いつかはまた、動き出さなければいけないし、乗り越えなければいけない。だから上手く休んで欲しい・・・それが「甘えても、いいんだよ」と言うこと。

このblog、読んでいるかなぁ・・・Mitakeが言いたいのは、そういうことなんだよ。だから、遠慮なんかいらないよ。

« どうやって、立証するの? | トップページ | 工事→衝突→交換 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/8694985

この記事へのトラックバック一覧です: 甘えても、いいんだよ。:

« どうやって、立証するの? | トップページ | 工事→衝突→交換 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ