2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« いよいよ、明日。 | トップページ | コトバ★「授産施設その2」 »

2005.12.16

「灰」ではなく、「発作」が・・・

先週は「灰になります」と書きましたが・・・灰ではなく、軽く発作を起こして終わりました。(^^ゞ

お楽しみ会当日。とうとうやってきた、と言う感じです。今日のお楽しみ会のために、1ヶ月以上も前から準備を始め、数週間前から本格的な練習を開始。でもって先週は最初で最後の「全員勢ぞろい」での練習。そして今日、その本番を迎えました。

利用者と当日参加してくださったボランティアの方、送迎を行ってくださっている運転手さん・添乗員さんと共に会食をした後、いよいよ準備。劇が始まることには保護者の方も来られて、まさに「本番」そのものの状態。今日は部屋を多く用意しておいたため、準備も思ったよりもスムーズに進み、いざ本番。

劇の演目は「大きなかぶ」。知らない人のために、基本的なストーリーは以下の通り。

おじいさんが、甘い大きなかぶを作ろうとかぶを植えました。
そして、とっても大きなかぶができました。
おじいさんは「うんとこしょ どっこいしょ」と抜こうとしますが抜けません。
おばあさんを呼んで来て、おばあさんがおじいさんを引っぱって、おじいさんがかぶを引っぱりますが、それでもかぶは抜けません。
まご娘、いぬ、ねこと増えるたび「うんとこしょ どっこいしょ」・・・それでもかぶは抜けません。
ねこにねずみも加わって「うんとこしょ どっこいしょ」・・・そして、やっとかぶが抜けました。

このストーリーを施設での日常生活バージョンにアレンジをして行ったら、こんな感じに。

ある町に、お父さんとお母さんと娘が住んでいました。
お父さんとお母さんは、毎日の日課である「腹筋」と「ジャンプ」をしていました。
お父さんとお母さんの日課が終わるとお父さんは
どこか散歩に行きましょう。何処にしましょうかぁ?」と言い、お母さんは
じゃ、○○(「マイフォト」でよく「某大学研究所」と書いてあるところ)にしましょう。」と言い、散歩に出かけました。

すると、○○に大きなかぶがありました。
お父さんは「うんとこしょ どっこいしょ」と抜こうとしますが抜けません。
お母さんも加わってかぶを引っぱりますが、それでもかぶは抜けません。娘も加わりますが、それでも全然抜けません。

そこに、お掃除大好きな利用者がやってきて、抜くのを手伝いました。(←ここが、自分のサポート)
それでも抜けません。そこで、さらに利用者を呼ぶと、「ライオンキング」になって抜くのを手伝いました。
しかし、それでも抜けません。そこで、さらにさらに利用者を呼ぶと、「マジレンジャー」になって抜くのを手伝いました。
すると、大きなかぶはやっと抜けました。

ハイ、スゴイ設定です・・・こんな設定、普通はありえません。(笑)
だって、何故か「ライオンキング」や「マジレンジャー」が出てくるなんて・・・これが施設の日常か???
もちろん、面白くするためにデフォルメしたのは言うまでもないことですが・・・でもそれなりに劇はあっという間に終わりました。

しかし・・・劇が終わったからと言って油断はできません。
その後に大きな課題・・・そう、ダンスがあるのです。利用者全員を外に戻して、衣装チェンジ。利用者全員に何故か「腰みの」をつけて踊るなんて・・・別に「ハワイアンダンス」をするわけじゃないのに・・・もちろん、利用者だけではなく、職員もつけましたし、お手伝いをしていただいた添乗員の方やボランティアの方にも「腰みの」を装着していただきました・・・(ホントに恐縮です・・・(^^ゞ)

そして準備完了。ダンスは・・・ゴリエの「Mickey」。
ハイ・・・テンポはアップテンポです。ダンスはゆっくりにしていますが、それでも曲のテンポは速いので、必然的にアドレナリンは大分泌状態。恥も外聞もありません。ここまで来たら、恥しいなんて言ってられません。
この時点でMitake、完全に壊れる。「Mickey」のサビの部分では「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」と叫びながらラインダンス並みに足を高く上げて、「ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!」と叫びながら腰を振って・・・と、一体誰が主役なのかがわからない状態。そして最後はレイザーラモンHGの「フォー!」でしめて、ダンス終了・・・ふぅ・・・ようやく終わった。

イヤ、終わってない・・・すぐさま利用者を着替えさせて、午後のお楽しみ会のプログラムに行かせなければならない。さらに・・・更衣の必要な利用者が2名。手分けをして利用者を着替えさせて、午後のプログラムへ。この時点で、もう汗ダラダラです・・・

とまぁ基本的に自分の部分は、午前ですべて使い果たしました。
午後はまったりと・・・まではいかないものの、利用者さんを楽しませるように、それなりに頑張りました。「MitakeさんLove」の利用者さんとも、一緒に踊りました。「○○さん、踊る?」と聞くと嬉しそうに「踊る!」との返事。
いや、利用者さんからそう思っていただけるのは、ありがたいことです、職員にとって。

ってな感じで、最後はサンタクロース&サンタガール(?)&トナカイの登場で、すべてが終了。
もちろん終了後もバタバタ。利用者の帰りの準備やトイレ介助、そして更衣介助・・・と、激動の1日が終わりました。利用者が帰った後は、完全に魂が抜かれた状態。そのためか、今日の利用者の日誌をつけて退勤するときに、何となく「スーッ」とする感覚が・・・あ、これ、発作だ・・・たしかに今日の環境はかなり緊張感で張り詰めた状況だったし、疲れなかったといえばウソになる。間違えなく、発作要因は今日の仕事。ただだいぶ薬が効いているのか、思ったよりも症状は軽く、最寄り駅に着いたときには、だいぶ楽になっていました。

と言うことで、今日は「灰になった」のではなく「発作を引き起こした」1日でした・・・(^_^;)


(おまけ)
もちろん「サンタクロース」が出てきたからには、形的に「クリスマスプレゼント」を渡しました。
と言っても、渡したものは利用者さん自身で作った「来年のカレンダー」と「モビールアクセサリー」。

ただ・・・今回の職場の上司はそういうことが好きみたいで、職員にもささやかな「クリスマスプレゼント」が。
その中には・・・こんなものが。
D1000053

いかチョコ・・・なんじゃ、それ・・・
それを見た母、「取りあえず、食べてみよう」と、封を開けて一口。そして感想は・・・

「チョコといかは、ミスマッチだね。」

ウン・・・たぶん、そう思うよ、普通は・・・(^_^;)
あ、俺は・・・食べません。基本的にチョコレート系は・・・もし食べたときは・・・それは相当「疲労困憊」の時です。
でも今日は疲労困憊なのに食べなかった・・・ということは、単に「そんなに美味くないだろう・・・」と思ったからでしょう・・・(^_^メ)

« いよいよ、明日。 | トップページ | コトバ★「授産施設その2」 »

コメント

とりあえずお疲れ様。

劇のアレンジが超スーパー気になるところだが、ノーツッコミでいきましょう。


全然関係ないけど、「思ひ出アルバム」初めて見たけど、なかなか良いな。懐かしくって。
ちなみにある写真についてだけど、上の二枚の紙は待機表とかだったね。
下の紙はドラクエ2の復活の呪文です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/7655427

この記事へのトラックバック一覧です: 「灰」ではなく、「発作」が・・・:

« いよいよ、明日。 | トップページ | コトバ★「授産施設その2」 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ