2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 経験の獲得 | トップページ | コトバ★「ダウン症その2」 »

2005.10.21

母は強し。

ようやく1週間が終了。一体何度「ようやく」といった言葉を使っているのだろう。
だけど1つ言えることは、今日はやけにテンション上げ上げぇヽ(^o^)丿の状態だったこと。ふぅ、疲れた・・・

とはいえ、今日は帰るときの人数が少なかったんだよなぁ。
ショートステイ利用で休んでいる人がいれば、他のサービスを利用したり機能訓練のために早退する利用者もいて、結局帰るときには半分しかいなかった・・・という状態。

そのうちの1人、普段は最初から最後までいるけど、今日は機能訓練のため早退。
元々気分で動かされる部分の多い利用者で、ここの施設での機能訓練に対しても気分が乗らなければ拒否することもしばしば。自分もその気を出そうとあの手この手を使って対応をして見るものの、いまひとつこれといった「ツボ」を抑えることができていないのが現状。だからそのための「格闘」で生傷が耐えないこともしばしば。最近になってからは少しずつは落ち着いてきてはいるものの、やっぱり生傷との戦いは終わらない状態。

で「気分に左右される」のは決して機能訓練だけの場面に限られるものではなく、普段の生活においても気持ちの切り替えが上手くいかないこともある。ここの施設入所当時に比べたら格段に切り替えはできるようになってきているが、それでも時々「ワァ~」となってしまうこともしばしば。

でもやっぱり「母」が来ると違ってくるもの。今日は早退のため母親が迎えに。
普段はテレビにかじりつきの利用者で、「~しましょう」と声かけをしても渋々動くような利用者が、今日は「○○さん、お母さん来たよ」といった瞬間・・・


ビクッ


と体が反応。普段職員が声かけをしているときに見せる反応とは大違い。
つまり彼にとっては施設の職員は多少の甘えが許される存在であり、母親の場合は「ちゃんとやらないと、後が怖い」と考える存在なのであろう。それを裏付けるかのように、普段はトイレの声かけをしても拒否するものが、母親の前での声かけでは素直に「ウン」と反応。それだけ彼にとっては「母親」と言う存在は「ちゃんとやらないと怖い」存在なのであろう。

うーん、母は強し。母親には、かないません・・・(^^ゞ

« 経験の獲得 | トップページ | コトバ★「ダウン症その2」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/6506782

この記事へのトラックバック一覧です: 母は強し。:

« 経験の獲得 | トップページ | コトバ★「ダウン症その2」 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ