2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 少しは、変わるのかな? | トップページ | コトバ★「blogその2」 »

2005.09.09

調子の波

やっと1週間が終わりました。ものすごく疲れた1週間でした。
中でも、今日と月曜日は帰宅するや否や、ダウン状態。ダウンしてから再び立ち上がるのに少し時間がかかる状態。今まで仕事をしていて倒れこむことはなかったのに、今の仕事についてから倒れこむようになったのはここ5ヶ月の間に3回。うち1回は学校に行っている時のこと。このときの倒れこみが一番激しかったけど、それでもパニックの要因として一番大きいストレスを除外しても、ダウンしている状態・・・

少し落ち着いてから分析をすると、やっぱり「心理的ストレス」が大きいほど、ダウン率は大きい感じ。
ダウンした状況を振り返ると、必ずと言っていいほど「心の振りきれ状態」が存在している。きっと意識の中では「大丈夫」と思っていても、無意識領域では完全に「心の針」が振りきれてしまっている状態で、仕事中や学校では一応は平静を保っているものの、自宅に帰って緊張の糸が解けると一気に脱力している・・・これが「ダウン状態」になっているのだろう。

学校に行っていたときに起きたダウンもストレスと捉えられる状況があったし、今週の月曜日もそんな状態だった。
そして今日も、もしかしたら「ストレス」と感じていたのかもしれない・・・一度他害を負わされた利用者の対応に関して様子を見ながら接していたが、一瞬その利用者が自分に襲ってこようとした瞬間に逃げていた自分がいた。その行動をみて、ビビッている自分がいた。「この利用者にやられたんだ」と言う思いが振り返って、恐怖感を持っていた。もしかしたらこのことが、自分が思っている以上のストレス負荷になっていたのかもしれない。

本当に今週は、自分に対して自信を失う状態ばっかりでした。
自分に自信を失う、と言うよりも、福祉に携わっていく人間として自信を失っていく・・・と言った方が正しいかも。仮にも福祉のこと勉強してきて、2年間の現場経験を経てやってきた今の施設。全くズブの素人が対応しているわけではない。社会福祉士というライセンスを持って現場に挑んでいるはず。なのに、適切な対応ができない自分。もちろんこの5ヶ月の間に利用者のバックボーンを完全に知ることは難しいのはわかっているし、そう簡単に関係が築けないことぐらいは十分に承知している。でも自分が「プロらしい対応」ができているのか、と自分自身に問いかけると、疑問符をつけてしまう。それが、今週一連の出来事。

うーん、途中「車の契約」で少し気分が晴れるかなぁ・・・と思ったけど、そう簡単にはいかなかったみたいです。
とりあえずは今週が終わったので、土日はゆっくり休むことにしましょう。で、可能であれば、1日ぐらい仕事を休んだ方がいいのかなぁ・・・もし休みが取れるようだったら、休みましょ。

« 少しは、変わるのかな? | トップページ | コトバ★「blogその2」 »

コメント

仕事も、彼(彼女)との距離も、勉強も、育児も、体の調子も、多分なんでも、波はあると思います。
波に翻弄されないように、”今は底にいるんだなぁ”とちょっと遠くから自分を眺めてみてはいかがでしょう・・・?
きっと、いつまでもこのままではないはず。
「いつか浮上する日が来る」って、脳天気に考えてみると、「底」にいる辛さもすこし気にならなくなるかもしれない・・・・。

福祉の現場のことはまるきりわからないけれど・・・。
わたしがこれまでに人間を相手にした様々な状況で感じたことは、机上の勉強、平面の知識は現場のほんのわずかな一部のことでしかない、ということ。
10人に接すれば10人のパターンがある。
生きている人を相手にすると言う事は、数学の定理の様にきれいに説明なんかできるわけがない。Aの場合は公式1、Bの場合は公式2とかあてはめることができない。
みんなが使える共通の式なんてないし、人の経験も自分の「式」には当てはまらない。
だから、どんどん経験して、触れて、たくさんの自分の経験を、自分の中に蓄積したデータを次の判断材料にすればいいんだと思う。
データが多ければ多い程、予想もつきやすくなるし、判断も的確になっていくと思う。
教師も医者も、営業も開発設計も現場も、みんな体で覚えていくものなんだと思う。
Mitakeさんの仕事はとても尊い仕事だと思うし、5年、10年の経験が本当の自信につながる、そして展望がきくようになるような大変な仕事なんじゃないのかなって思います。
そんな大変な仕事に毎日毎日携わっているっていうだけで尊敬ものです。

わたしは今携わってること、もう8年になるけど、やっと少し「賢く」なったかなって最近思う。
(今、8年前に戻れるのなら、もっと上手にできるのに・・って思う。)でもまだまだ「下積み」まだまだ「修行」中。自信のかけらもないです。
だけど、一つ一つ何かを見つけながら歩き続けるぞ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/5863933

この記事へのトラックバック一覧です: 調子の波:

« 少しは、変わるのかな? | トップページ | コトバ★「blogその2」 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ