2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 超最悪。 | トップページ | 今日はこどもの日、なのに年金の話。 »

2005.05.04

交通ルールを教えられない、親

車に乗っていたときの出来事。ちょうど信号待ちをしているときだった。状況としては、こんな感じ。
kousaten1

片側1車線の幹線道路。そこそこ、通行量もある場所。
で、親子連れが公園で遊んでおり、親は反対車線側にあるコンビニに買い物へ行こうとしていた。
車線上は信号待ちで停車の状態。その隙を見てか、この親が信号待ちをしている自分の車の前を横切ってコンビニに向かった。すると、信号が青になり、反対車線の通行も始まった。
そのとき、子どもも一緒に親のあとを渡ろうとした。そう、赤い矢印のように・・・
kousaten2
するとこの親、子供に対してこんなことを言った。

どーして一緒についてくるの?何やってるの?


皆さん、どう思いますか?思わず何言ってるんだよぉ!と、その親に聞こえるくらいの声を出してしまいました。
親が交通ルールを無視しているのに、そのことを子に注意できるのか、って感じ。思わず、頭にきちゃいました。

いやもちろん、人間誰しも間違えはありますし、わかってはいながらもやってしまうことはあります。自分だって車が通っていなかったら、平気でわたってしまうと思います。なので、行為に対して文句を言うつもりはありません。文句を言いたいのは、自分がルールを無視しながらも子どもに対しては「何やってるの?」と叱っていることに対してです。アンタ、それでも親ですか?親だったら、ちゃんと教えるのが筋でしょうが。自分が間違ったことをしているのに、自分のことを棚にあげて子どもに注意するとは、何事ですか?注意するなら、アンタがそんなことをしなければいいじゃないですか。ちょっと先に行けば横断歩道があるのだから、そこを渡れば済むことじゃないですか。

例え車が通っていなくて「安全だろう」と思っても、子どもの前だったらちゃんと交通法規を守るのが、親としての当然の役割じゃないんですか?親でなくとも学校の先生や自分みたいな支援者と呼ばれるような仕事をしている人は、少なくとも教師・支援者としてふさわしい行動をするべきなのです。もっと言えば、「大人」を自任するのであれば、子どもの前では正しいことをするべきです。自分の行為を棚に上げて、子どもに対して指導するのは間違っています。

自分を含めて・・・

大人たち、もっと自律をしなさい、しっかりと。

« 超最悪。 | トップページ | 今日はこどもの日、なのに年金の話。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/3978257

この記事へのトラックバック一覧です: 交通ルールを教えられない、親:

« 超最悪。 | トップページ | 今日はこどもの日、なのに年金の話。 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ