2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 思わず忘れかけた・・・ | トップページ | てんやわんや »

2005.05.17

プロとして失格。

正直、専門職としてはあるまじき行為をしてしまいました。

お昼前でのこと。職員の人が利用者の着替えを持って更衣室に入った。そして利用者を更衣室に連れて行った。
何かと思って、利用者記録の途中で別の用事で部屋の外に出ようとした時、利用者が遊んでいるボールが全面的に濡れているのを確認した。更に、その下を見ると水溜りになっていた。その瞬間、状況を飲み込めた。

しかし自分は、何の行動も取らなかった。「あ、利用者が失禁したんだ」と思ったけど、何もしなかった。
ましてや、その状況がわかっていながら、何事もなかったかのように記録を続けていた。そして他の職員さんに「Mitakeさん、拭くの、お願いします」と言われ、すこし「ハッ」となって、ようやく行動に移せた。どこに何があるかわからない中で、色々と指示を仰ぎながら対応する自分。でも正直、自分はオロオロしていて、ほとんど何もできなかった。

単純に「オロオロする」と言うことであれば、「慣れていない」というので済ませられる。
たしかに今の自分はまだ仕事に慣れていない。しかし「失敗した状態」を認識しながら、それに対して何も対処しなかった自分の行為は、福祉に携わる専門職としては明らかに間違った行動である。はっきり言って、プロとしては失格である。

何故こんな対応をしてしまったのか?
その伏線はあった。利用者向けにホワイトボードに給食の献立を書いたときに「煮魚」のことを「煮物」と書いていた。自分でも「煮物」と書いた記憶はしっかりあり、ちゃんと献立表を見て間違えないことを確認しながら書いていた。確認して書きながら「今日は主菜がないの?」と思いながら書いていた。だから自分が間違って書いているつもりは全然なかった。間違えて書いてあるのを知ったのは、利用者が着てから「今日の献立は?」と利用者が聞いた時に他の職員からの指摘で初めて間違えに気がついた。自分でも信じられないくらいの間違えだった。
そして相変わらず、ワゴン車で頭をぶつけることもしばしば。薬の副作用なのかなぁ・・・と実感してしまっている。

さらに出勤前に、テレビでこのニュースを聞いたことも、要因の1つかもしれない。
Yahooニュース「京都の土産物店に車突っ込む、1人死亡2人けが」

 16日午後2時15分ごろ、京都市C区a小路のT字路で、同市Y区内の生花店店員の男(25)運転のワゴン車が商店街を横切って土産物店「A」に突っ込んだ。
 車はすぐにバックし、店の向かいに停車していた乗用車に衝突して止まった。
 この事故で、店番をしていたBさん(56)が頭を強く打って間もなく死亡、店内で買い物をしていた観光客のノルウェー人のDさん(49)と息子(25)が腕などにけが。
 五条署は、男を業務上過失傷害の現行犯で逮捕した。男は配達中で、土産物店に衝突する前に路上に駐輪していた自転車約20台にぶつかり、なぎ倒していた。約2年前から発作を起こす病気で薬を飲んでおり、「事故の事は覚えていない」と供述しているという。
 商店街は京都市中心部にあり、午前10時から深夜12時まで車両通行禁止。当時、買い物客や観光客でにぎわっていた。(読売新聞)

この記事では「発作を起こす病気で薬を飲んでおり」と間接的な表現をとっているけど、朝の日テレのニュースでは「てんかん」とはっきり言っていた。朝食を食べている時にこのニュースを聞き、そして「てんかん」と言う言葉を耳にして、少なからず動揺した自分がいた。今の時点で自分が発作を起こすと考えられる状況下は極めて限定されており、日常の生活ではほぼ起こすことはない、と信じている。しかし現実として「抗てんかん剤」を飲んでいる事実があり、自分にとっては衝撃的な内容のニュースだった。

いろんな事が重なって、きっと「プロとして失格」と言うべき対応をしてしまったのだろう。
その一件後は、その利用者に関しては通常よりもより短い間隔でのトイレ誘導を実施し、その後は失敗することはなかった。
ただ、問題すにすべきは「トイレを失敗させてしまったこと」ではなく「失敗した状況下を意識下にありながら放置してしまったこと」である。昼食の休憩に入る前、ものすごく自分に対して嫌悪感を抱いた。俺って何なっているんだろう・・・と。

如何なる理由があったとしても、現場に立った以上は「プロ」に徹しなければならない。
そのことを放棄してしまった自分は、最低である。

« 思わず忘れかけた・・・ | トップページ | てんやわんや »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/4171940

この記事へのトラックバック一覧です: プロとして失格。:

« 思わず忘れかけた・・・ | トップページ | てんやわんや »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ