2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 錆付いた頭に・・・ | トップページ | 「恋愛」と「障害」 »

2005.01.31

ゴネンねぇ~

本日の業務内容
午前、紅茶のリボン付け。その後、自動車ディーラーのダイレクトメール作業の準備。
午後、自動車ディーラーのダイレクトメールの区分け作業。
本日、避難訓練実施。

通常避難訓練は1回だけやるが、今回はちょっとした事情があって2回実施。
1回でやろうと思えばできないこともないのだが、当初目的としていた訓練を実施するためには、2回に分割してやる必要があったため、変則的な2回訓練となった。
で、この訓練で「犠牲」になった利用者が1人・・・仮にAくんとしておきましょう。

最初の訓練は午前。地震が発生したことを想定した訓練を実施。
訓練開始の放送を流すと、利用者は一斉に机の下に避難。ところがAくんは走って階段をおり、下の作業室へ。実はAくん、お昼休みにコーヒーを飲む人のための「コーヒー当番」で2階の食堂にいたため、訓練の放送を聞いてすぐさま作業室に戻って行ったのだった。で、Aくんに指導。
「うーん、地震のときは下まで降りなくていいよ。2階にいるときは食堂の机の下に、入るんだよ。」

それから午後。今度は火災を想定した訓練を実施。
火災発生を知らせるために非常ベルを鳴らす。そしてしばらくしてベルを止めた後、訓練開始の放送を流す。内容は「食堂から火災が発生しました」というもの。
ところが、今度もAくんは2階にいた。2階にいた理由はやっぱり「コーヒー当番」で、このときはお昼休みに使ったコップなどの洗いをやっていたところだった。そして何を思ったのか・・・食堂に逃げ込んでしまった。
ありゃ、火元は食堂なんだけど・・・放送聞いていない。Aくんに声かけをして避難誘導をした後に、再びAくんに指導。
「火災のときは、職員の指示に従って、慌てないで外に逃げるんだよ。」

いや、Aくんにとってはちょっとハードだったかな?
午前中は「食堂の机の下にもぐって」って言いながら、午後は「外に逃げるんだよ」と言っている自分。もちろんいざとなった時は必要なことなんだけど、やっぱり1日に2種類の訓練をやるのは、ちと厳しかったかも・・・
別にAくんを困らせるつもりはなかったのよ・・・・でも結果的にAくんにトラップを仕掛けちゃったみたいで・・・ゴメンねぇ、Aくん。(笑)

« 錆付いた頭に・・・ | トップページ | 「恋愛」と「障害」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/2760300

この記事へのトラックバック一覧です: ゴネンねぇ~:

« 錆付いた頭に・・・ | トップページ | 「恋愛」と「障害」 »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ