2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 説明 | トップページ | うま~く、息抜き »

2004.12.08

肩の力を抜いて

本日の業務内容
午前、公園清掃の報告書の作成。その後市役所へ提出のあと、一部古紙回収実施。ついでに前回の「型抜き」の時に発生した不良品と抜きくずを受注先へ搬入。ホントは体育施設清掃に行く予定だったが、市役所の方か「決済の都合が・・・」との連絡があり、急遽作業は別の職員に代わってもらい、自分は書類の作成をすることに・・・
市役所の人も言っていたけど「お役所仕事で・・・」って、ホントにそうだね・・・(笑)
午後、プラスチック型抜きの検品作業。型抜き自体は今日で終わったけど・・・一体どのくらいの数が「不良」になってしまうのか・・・胃が痛い。

ここ数日は色んな行動を起こしたけど、施設の中ではどうなのか?
多分自分は「動けていない」のであろう。いや、「動けていない」と言うより「行動が遅い」と言った方が正しい。考えてはいけるけど、それが行動として伴っていない。「やりたい」と思っていても、そのことが「行動」として実を結んでいない現実がある。そこで主任さんに怒鳴られるから、余計に「やらなきゃ・・・」と言う気持ちが働く。

でも一方で、自分が抱えすぎているのかなぁ・・・と感じるときもある。施設長からは「真面目すぎる」と言われたし、パートの職員さんからも「あまり背負い込まないで・・・」とも言われる。一応は責任を持ってやっているつもりだけど、でもその歯車がかみ合っていないことも事実。先日の施設祭のこともそうだけど、頭の中&心の中では「行動を起こさないと・・・」と言う気持ちがあっても、現実は目の前の業務に追われてそっちのことがおろそかになってしまう。結果、失敗と言うことになる。

だから抱え込んでいることを他の人に割り振ればいいのだろう。でも自分はそこが上手くできていない。仮に振ったとしても、何かあれば自分の責任と考えるため、結局問題の所在は自分かな・・・と考えてしまう。

「考えすぎ」なのかもしれないが、どうも自分はそう感じてしまう。
もっと肩の力を抜けばいいのだろうが・・・今は抜くことができていない。
一連の行動も、このことが引き金になっているかもしれない・・・

でも「やりたいこと」があるのは事実だから。
せめて「人生の行動」だけはしっかりと歩まないとね。

« 説明 | トップページ | うま~く、息抜き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/2199948

この記事へのトラックバック一覧です: 肩の力を抜いて:

« 説明 | トップページ | うま~く、息抜き »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ