2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

思ひ出アルバム

  • 卒業式が終わって・・・
    以前HPで行っていた「todya's photo」の写真や「御岳写真館」で使用していた写真を再び復活させるべく、「思ひ出アルバム」として随時更新していきたいと思います。また最近の写真でも「思ひ出」となるものについては、ここに納められていくことになるでしょう。

« 何かあるのか??? | トップページ | 仕事の鬼? »

2004.10.11

「ON」と「OFF」

今回はTBからの人が多い。なので、今日はもう1本。

10.9両国のIWGP戦をあえて「史上最低の茶番」と形容することにしよう。ただし「茶番」が絶対にいけないのかと言ったら、それはまた違う。茶番があるからこそ、リアルの試合に燃えられるのである。

「エンタメ路線」を茶番と言ってしまうのは語弊があるが、自分は基本的にアメプロのようなプロレスは好きではない。「好きではない」のであって、嫌いなのではない。自分も昔はTAKAみちのくが当時のWWF(現WWE)に参戦していた時は常にアメプロを見て、燃えていた。周りはついてきていなかったけど、自分は結構ハマっていた。その証拠に今のケータイにも着メロとしてケインのテーマをDLしてあるくらいなのだから。

でもエンタメ一直線では、やはり飽きる。そんな時に出会ったのが全日本。
全日の三沢vs小橋戦を見て「プロレスのすごさ」を感じた。そこから、リアルなプロレスを好むようになった。アメプロから心が移った瞬間であった。そして国内のプロレスであればなんでも見るようになった。もちろん、新日も。だから基本的に「ご贔屓」のプロレス団体は持っていない。ただ「好んで見る」と言えば、やっぱり今はNOAHであり、「小橋建太サイコー」なのである。

ではなぜ自分は「NOAH」に惹かれるのであろうか?
やっぱり「力と力のぶつかり合い」「プライドのぶつかり合い」を感じ取れるからではないだろうか。自分の場合はほとんどテレビ観戦である。でも、テレビからであっても戦いの「熱さ」を感じることができる。そして見ていると、熱くなれる。言葉ではうまく形容ができないけど、心の奥底から沸々と湧き上がるものがいつもある。だから自分はNOAHが好きなんだろう。特に選手権試合では、それが毎回味わうことができる。

かと思えば、この前の「ハチロー」「ブサイクの祭典(一人を除く)」のように、いつものプロレスとはまた違った「面白さ」も持っている。自分が始めて生で観戦したプロレスはNOAHであった。それも普通の試合ではなく「ハロウィン興行」を見に行った。そのときの感想は「また見たい!」と言うものだった。
目の前で見るエルボースイシーダ、ハーフネルソンスープレックスの迫力に圧倒されながら、ファンを楽しませることも忘れていない選手の姿勢。初めて生で見たプロレスには、そのすべての要素が凝縮されていた。常に真剣勝負をしているわけではなく、たまに見せる「エンタメプロレス」。でも絶対に見に来た観客を裏切らない試合をする・・・それがNOAHなのであろう。

だから新日本の試合に関して、そういうスタイルで試合を見せるなら、それで良いと思う。藤田vs佐々木戦についても、初めからそのようなストーリーの元で行うのであれば、それは別に構わない。ただし、その試合をして観客は満足しているのであろうか?客の期待を裏切っていないのであろうか?客の期待を裏切る試合だけは、絶対にしてはいけない。

猪木は「客に媚びた試合を組むな」と言っているみたいだけど、客がいてのプロレス・ファンあってのプロレスであることを忘れてはならない。ファンを置き去りにした試合をすれば、間違えなくファンは減っていく。「プロレスの復興」を考えるのであれば、かなぐり捨てて奮闘する小川直也のように「ファン」の心を掴む努力を惜しんではいけない。

何故今の新日本に魅力を感じないのか・・・
それはきっと「ファン」が置き去りにされているからなのであろう。あくまで個人的見解。

« 何かあるのか??? | トップページ | 仕事の鬼? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7355/1652598

この記事へのトラックバック一覧です: 「ON」と「OFF」:

« 何かあるのか??? | トップページ | 仕事の鬼? »

このblogは?


  • お仕事のことや自分のココロのこと・・・など、その日その日の「気持ち」を映し出すMitakeのつぶやき。「つぶやき」でありながら、その時々の気持ちを表している、いわば「ココロの鏡」でもあります。

    カテゴリーわけについて

My site

  • Mitakeの「後は野となれ山となれ」
    アメブロに開設した、第2のblog。
    でもここはゆる~くやっています・・・(^^♪
  • 「Web diary」過去ログ
    2001年の3月から2004年の3月まで、約3年間にわたって更新していた「Web diary」の内容の過去ログ。
  • HDFのつぶやき
    Mitake’s motherのblog。
    ただし、Powered by Mitake。(笑)
  • 御岳の山
    ここが(元)本家。現在は更新停止中です。

ご紹介ページ

  • 障害福祉~かざぐるま~
    まろくんさんのblog。
    知的障害者施設にて勤務経験あり。当事者の立場からの意見も豊富。
  • welfare-net21ブログ
    私も参加しているwelfare-net21の公式blog。
  • UTU-NET パニック障害教室
    自分自身が今抱えている障害です。
    紹介されている症例とは自分の場合は違いますが、「パニック障害」と言う定義には合致しています。少しでも「パニック障害」のことを理解してもらえれば・・・

by blog Pitatto!
無料ブログはココログ